FX業者さん訪問記 第3弾 〜フォレックス・トレード〜

FX業者さん訪問記 第3弾 〜フォレックス・トレード〜 2010/3/24

今回が第3弾となるFX業者訪問記。

今回は、iPhoneで取引できる「iPalmo(アイパルモ)」と高スペックで知られる「フォレックス・トレード」さんに行ってきました!

渋谷の駅から徒歩五分ほどという大都会のど真ん中にある「フォレックス・トレード」さん。

当日は雨で外観を撮影するのをすっかり忘れてしまいましたが(苦笑)、立派なビルにオフィスがあります。

今回の取材に応えて頂いたのは、マーケティング部マネージャーの末次さんです。
自社のサービスだけでなくFX業界に詳しく真っ直ぐなイメージの方でした。

当サイトの取材のコンセプトとしては、個人投資家の視点から
「本当のところどうなんですか?」
というところを突っ込んで聞いているので、口座開設をしようかどうか迷っているという方にはぜひ読んで頂きたいと思います!

では早速取材スタートです!

■当サイト運営者

「よろしくお願いします!」

■フォレックス・トレード 末次さん

「よろしくお願いします!」

まずはフォレックス・トレードさんのサービスについて

■当サイト運営者

「まずは、フォレックス・トレードさんのポイントをお願いします!」

■フォレックス・トレード 末次さん

「当社の一番のポイントと致しましては、取引ツールやシステムの開発を内製化していまして、グループ内の開発担当部署で自社開発しているということがあります。これによってお客様からのご要望に素早くお応えすることができるようになっていまして、新しいサービスを始めやすいというメリットがあります。
またサービス面では、iPhone専用の取引ツールであるiPalmo(アイパルモ)があります。iPalmo(アイパルモ)に関してはお客様から多くの好評を頂いておりまして、ツールの稼働率もかなり高い状況になっております。」 ※2010年2月の月間利用者数は13,979名

(システムを自社で作られているというのはスゴイですね。GMOクリック証券さんがそもそも技術面に強い証券会社さんということで、グループ会社のフォレックス・トレードさんも社員さんの半分近い方がシステムの仕事をされているとのことで、かなり驚きました!)


■当サイト運営者

「フォレックス・トレードさんはGMOクリック証券グループですが、GMOクリック証券さんとの違いについて教えて下さい。」

■フォレックス・トレード 末次さん

「GMOクリック証券は多くの金融商品をあつかっている総合証券ですので、FXに関するサービス面での動きはやや慎重という感じになっています。
それに対して私たちフォレックス・トレードはFX専業の会社なので、ツールの先進性であるとか、新サービスの導入・サービスの改善については当社の方が先行できるという点があります。
スピード注文も当社で先にリリースしものが大変ご好評頂いたので、GMOクリック証券にも取り入れたというのもその一例といえます。」

(スピード注文はそういった経緯でGMOクリック証券さんに導入されたんですね!これからもいろいろな新しいサービスなど期待してしまいます!)


■当サイト運営者

「なぜスプレッド0.8銭固定(米ドル/円)という設定なのでしょうか。」

■フォレックス・トレード 末次さん

「まず当社は『固定』というのはどういうことを言うのかというところから考えておりまして、最近ではスプレッドが0銭〜と表記されていて実は2銭の時間帯が多かったり、『固定』と表記されていながらあまり固定されていない会社さんがあるという話も聞いておりまして、そういった状況に疑問を持っております。
当社では、大きな経済指標発表時はやむを得ないのですが、通常の時間帯であればほとんどスプレッドを「固定」で提示しておりますので『固定』と紹介させて頂いております。
お客様がどのようなサービスを好まれるかということもありますが、「約定しやすいけれど指標時など非常にレートが広がる」業者さんがあるとして、確かに約定しやすいというのはメリットの一つに間違いないと思いますが、取引するお客様の側からするとスプレッドが大きく開くということには2つデメリットがあると考えています。1つは『取引コストが高くなる』ということ。そしてもう一つの方が大きな問題だと思っているのが、『指値で約定しにくくなる』ということです。私たちの考えではこういった業者さんは取引がしづらいのではと考えています。
これはお客様の好みの問題でして、どちらが良いとか悪いということは考えておりませんが、こういった考えに賛同頂けるお客様にとって当社は取引しやすいと感じて頂けると思います。
またそういった2つのタイプの口座の利点をうまく利用して頂き、平常時はフォレックス・トレードで、相場が荒れているときは約定力の高い業者という使い方で利用して頂くのも良いのではないかと考えております。
当社は自分たちがナンバーワンだとは思っておりませんし、常に一番良いという考えではございません。当社を使う利点があると考えて頂ける時に、お客様がご自分の都合に合わせて使って頂ければと十分と思っております。」

(「お客様の好みで」というご返答を頂いた業者さんは初めてで驚きました!フォレックス・トレードさんは非常に懐が深い業者さんですね。我々個人投資家の実態もよく把握されています。)


■当サイト運営者

「米ドル円スプレッド0.8銭固定も含めて他通貨ペアでもかなりスプレッドが狭いと思うのですが、どの様にしてこの様な低スプレッドが可能になっているのでしょうか。」

■フォレックス・トレード 末次さん

「レートが生成されるまでを説明するのは非常に細かいお話になってしまうので難しいのですが、取引が少ないとスプレッドを広げて利益を多く乗せなければいけないこともありますし、逆に取引が多ければスプレッドを狭くしても問題無いということもあります。
当社は自社でシステムを作ることができるので他社に比べて低コストで運営することができます。なので、スプレッドについてもギリギリのところで提供させて頂くことが可能になっております。」

(システムを外注することになるとかなりのコストがかかるんですね。システムの内製化がコストカットに繋がり、スプレッドにまで反映されるというのは驚きました!)

「トレードリズム」や「スピード注文」などについて

革新的なツールが多いフォレックス・トレードさんの取引ツールについていろいろと聞いてみました!

■当サイト運営者

「トレードリズムやスピード注文のポイントやメリットについて教えてください。」

■フォレックス・トレード 末次さん

「トレードリズムはGMOクリック証券で開発したツールで、世の中にある取引ツールを徹底的に研究してお客様が一番取引しやすいツール、特に短期で売買する方にとって一番取引しやすいツールを目的として開発しました。1クリックで新規・決済注文が発注できるとか、1クリックで買い(売り)ポジションを売り(買い)ポジションに転換できるドテン注文が発注できるという部分がポイントになっています。あらかじめ設定さえしておけば新規の注文を出したあとの逆指値注文またはトレール決済注文が簡単にできるので、大変お取引しやすいツールになっています。一度使って頂ければ従来のツールには戻れないと思いますよ(笑)。
実際に取引して頂いている方の約40%はスピード注文をご利用頂いている状況で、お客様からも大変ご好評頂いております。


(当サイト運営者もスピード注文を使ってみたのですが、注文を出すのにストレスがないのでストレス無く取引できます。たまに普通の注文するだけでもイライラしたりしますので、すでにかなりハマっていました(笑))。


■当サイト運営者

「アレグロチャートはペンタゴンチャートなどかなり多くのテクニカル分析ができるツールだと思いますが、アレグロチャートのポイント、メリットなどについて教えて下さい。この中で人気の高いものや顧客の方からの反応が大きいテクニカル指標があればお願いします。」

■フォレックス・トレード 末次さん

「アレグロチャートについては利用頻度の高い通貨ペアやチャートの種類・テクニカル分析などを自分の好みに合わせてレイアウト可能で、お選びいただいたレイアウトが自動的に保存される点が使いやすいと大変ご好評を頂いています。アレグロチャートだけでなくiPalmo(アイパルモ)においても『MACD」や『一目均衡表」などはやはり使って頂いている方が多いという印象があります。」

iPhoneで取引できるiPalmo(アイパルモ)について


■当サイト運営者

「iPhoneやiPod touchで取引できるアプリiPalmo(アイパルモ)は、チャートを含めてかなり高機能だと思うのですが、iPalmo(アイパルモ)のポイントやメリットについて教えて下さい。」

■フォレックス・トレード 末次さん

「当社は2009年5月からスタートしたのですが、当社の代表取締役の鬼頭がiPhoneはとても面白そうだということで注目し、開業前の2008年の暮れにはすでに制作やデザインに入っていまして、2009年9月にはリリースできました。FX取引可能なiPhoneアプリとしては当社のiPalmo(アイパルモ)が日本初ということになります。
元々携帯アプリをリリースしていたのですが、iPhoneやiPod touchでの取引は感覚的に操作でき、画面も広くて見やすいということでFXの取引に適していたというのが大きいと思います。また当社の開発力が活かせる端末ということもありました。チャートを縦にしたり横にしたりできるなど、ユーザーインターフェースの面で“iPhoneらしい”使い勝手の良さが実感いただけると思います。
また他社さんのiPhoneアプリというのは携帯アプリの移植版に近いケースが多いのですが、当社のiPalmo(アイパルモ)は完全にiPhone専用の取引ツールとして開発したので、iPhoneに最もあった使い方が出来るように考えて設計されています。」


(当サイト運営者もiPhoneユーザーで取引もするのですが、iPalmo(アイパルモ)の機能の豊富さは他の業者さんのアプリより格段に上という印象です。テクニカル指標もかなり豊富で細かく設定できるので取引だけではなく、いつでもテクニカル分析できるというのは非常に便利です!)


■当サイト運営者

「iPalmo(アイパルモ)での取引状況について教えて下さい。」

■フォレックス・トレード 末次さん

「iPalmo(アイパルモ)をお使い頂いている方が月間1万4,000〜1万5,000人という状況です。iPalmo(アイパルモ)は口座が無くても無料でご利用頂けるツールなので、なぜか海外にもお使い頂いてる方がいらっしゃいますね。スペインとかオーストリアとか(笑)。当社で口座を持っている方ですと、全体の2割ほどの方にご利用頂いています。」

(外国の方まで使っているなんてスゴイですね。。。)

■当サイト運営者

「他社さんでは口座を持っていないとアプリが使えないものもあるのですが、なぜ無料で全ての方に公開されているのでしょうか?」

■フォレックス・トレード 末次さん

「一つは、まずは実際に使って頂いた上で口座を開いて取引して頂くというのがお客様にとって良いのではないのかという考えがありますし、より多くの方に直接触って頂いて評価を頂きたいという思いもあります。
取引されていない方からのご要望も頂くのですが、そういったご要望も取り込んでより良いツールにしたいという考えを持っております。」

(まさにフォレックス・トレードさんの『オープン』の考え方が見えてきます。顧客により良いものを提供するためにオープンにするというお話しは非常に感銘を受けました!)


注目されている信託保全の義務化について

現在注目されている全額信託保全の義務化について聞いてみました。


■当サイト運営者

「2010年から全額信託保全が義務化されましたが、フォレックストレードさんは顧客の証拠金の保全にどの様に取り組まれているのでしょうか。」

■フォレックス・トレード 末次さん

「当社としては営業開始前から三井住友銀行に100%全額信託保全を前提に動いておりましたので、安心してご利用頂けると思っております。
海外の信託銀行に信託されている会社もあるのですが、リーマンショックなどもあって海外の金融機関では予期せぬ事態がありましたので、国内のメガバンクの方が信頼感が高くお客様も安心して頂けると考えております。
また国内メガバンクは信頼度が高い代わりにコストが多くかかるのですが、当社ではお客様に安心して取引頂くためには絶対に必要なコストだと考えて三井住友銀行さんに信託保全させて頂いております。」


(システムの内製化などで削れるコストは削り、重要な顧客資産の信託保全についてはコストをかける。ただコストカットをしている訳ではないというところにフォレックス・トレードさんの信念を感じます。)

成功している方の傾向は…


次にフォレックス・トレードさんで取引している方の傾向について聞いてみました。

■当サイト運営者

「個人投資家の方の成功例をお聞きしたいのですが。」

■フォレックス・トレード 末次さん

「利益を出される方はリスク管理をしっかりとしている方が多いという印象があります。相場が荒れているときは取引を控えて、荒れていないときに着実に利益を積み重ねられる方、無理をせずに自分のスタイルで取引できる方が着実に成功していらっしゃると思いますね。」


(自分のトレードスタイルを守るというのは簡単そうで難しいですよね。肝に銘じさせて頂きます!!)


■当サイト運営者

「大きく利益を出している方のトレードスタイルはどういうものがあるのでしょうか?

■フォレックス・トレード 末次さん

「デイトレだからとかスキャルピングだから成功するとかということはないと思います。
繰り返しになりますが、やはりここもリスク管理をしっかりして自分の得意なスタイルで取引して頂いている方が利益を出されていると感じています。」

(確かにトレード期間とかはあまり関係ないですね。「自分の得意なスタイル」が重要です。)


■当サイト運営者

「人気の通貨ペアや注目の通貨ペアがあれば教えてください。」

■フォレックス・トレード 末次さん

「人気があるのはドル円とポンド円です。最近では金利が上がっているNZドルや豪ドルも人気の通貨ペアになっておりまして、長期だけでなく短期で取引される方もスワップに目を付けて取引される方が増えている状況です。
ポンドやユーロは金利の上がり下がりもなく、金融当局の姿勢がハッキリしていないので値動きは横ばいに近い状況になっています。この状況では買えば成功するとか売れば成功するという期待が持ちづらいのではないでしょうか。
逆に金利が上がっているオセアニア通貨はたまに下がっても堅調に上がっている状況ですので、取引しやすいと感じられる方が多いのではと感じております。」

(ポンド円は短期売買の方には人気ですね。オセアニア通貨は最近本当に注目されているので当サイト運営者もちょっと取引しています。)


■当サイト運営者

「くりっく365を始めるFX業者、証券会社が多いのですが、フォレックス・トレードさんを含めGMOクリック証券グループではくりっく365を始める予定はありますか。」

■フォレックス・トレード 末次さん

「全く考えていないと言うこともないのですが、具体的に始める予定というのは現状ではないという状況です。レバレッジ規制が入れば相対取引との差がかなり縮まってくるので取引所取引の割合というのは増えてくるだろうとは考えております。
おそらくいろいろな業者さんや証券会社さんでも取引所取引に参加されるところが、今後、増えてくるのではないでしょうか。
ただ、取引所取引は取引所の手数料が無料になるということは考えられない性質のものですので、相対取引より取引コストが下がるということは考えられません。100回取引すると手数料がその分資金から常に差し引かれてしまうので、同値決済を繰り返して、例えトレードで負けていなくても資金が減っていくという状況になります。そう考えると短期で何回も取引される方というのは、相対取引の方が有利になることの方が多いと思います。
逆に長期で取引される方には取引所取引と相対取引の差はほとんど無くなってくるのかもしれません。」

(くりっく365の様な取引所取引と相対取引でレバレッジの面で差が無くなっても手数料やスプレッドなどの面ではまだ相対取引の方が魅力が高いということですね。短期で売買される方には重要なお話しですね。)


■当サイト運営者

「最後にFX業界全体の現状や今後について、またフォレックス・トレードさんのこれからの展望、新サービスについて伺いたいと思います。」

■フォレックス・トレード 末次さん

「FX全体ではFX専業の業者を中心として伸びてきた業界だと考えており、これから規制が入ると大手の会社ほど有利になりやすく、ネット証券会社も影響力を持ってくると考えています。レバレッジ規制が実施されれば、業界自体は現在よりは縮小し業者が絞られてくるのはほぼ間違いないのではと考えております。
そこで、新しいツールや新サービスを低コストで行えるということがこれから非常に大きなポイントとなると考えています。例えば海外にあるサービスやシステムをそのまま導入するということになると、不便なことが非常に多いと思います。一般的な話ですが、そういったことをすると不明なエラーやバグが多く発生しても、いくら問い合わせをしても海外の開発元が対応してもらえないという事態があるという話も聞いておりますが、そういったことはお客様の利益にならないのではないでしょうか。当社ではシステムを内製化しておりますので、そういった面ではお客様に使って頂くうえでのメリットはあるのではないかと思います。」


(証券会社のグループであり、かつフットワーク軽いフォレックス・トレードさんはこれから専業業者の流れを変える雰囲気があります。ぜひ頑張って頂きたいですね!)


フォレックス・トレードさん取材のまとめ

今回もいつも通りかなり緊張しましたが、いろいろなツールに関して熱く話させて頂く中で知らず知らずに時間が経っていました。またもやここではちょっと書けないことも質問させて頂き、非常に勉強になりました!本当にありがとうございました!

今回のお話を聞くまでフォレックス・トレードさんの印象としてはiPhoneで革新的なツールをリリースするなど新しいことに挑戦している攻めの高スペック業者という印象だったのですが、ただの高スペック業者ではなく、システムに非常に強くかつ顧客のことをしっかりと考えられている業者さんであることが分かり、イメージが変わりました。

オープンかつ革新的な姿勢はFX2.0とも言えるほどで、他の業者さんに与える影響も大きいのではないでしょうか。

これからもぜひ革新的なツールやサービスに挑戦してもらってFXを盛り上げて頂きたいです!

メインの取引業者にすることはもちろん、フォレックス・トレードさんが言われる様に使うメリットがある時に使うというスタイルでも良いので口座を持っておいて損はないと思います。

特に短期売買する方やiPhoneで取引する方にはかなり使える業者さんだと思います。

最後に、数々の失礼があったと思いますがフォレックス・トレードのみなさん本当にありがとうございました!

またぜひ取材させてください!

フォレックス・トレード[アプローズFX]口座開設はこちらから


FX(外国為替証拠金取引)初心者入門講座
FX(外国為替証拠金取引)とは FX(外国為替証拠金取引)のしくみ 外国為替取引とは FX(外国為替証拠金取引)の利益のしくみ FX(外国為替証拠金取引)は利息もつきます 証拠金とは FXは売りからでも取引できます   ....カテゴリー一覧
外貨預金とFX(外国為替証拠金取引)のちがい
外貨預金とFXの利息のちがい 外貨預金とFXの必要な金額の違い 外貨預金とFXの手数料の違い 為替変動のリスクのちがい   ....カテゴリー一覧
FX(外国為替証拠金取引)で取引する通貨と特徴
米ドル ユーロ  英ポンド(イギリス) スイスフラン オーストラリアドル(豪ドル) ニュージーランドドル   ....カテゴリー一覧
FX(外国為替証拠金取引)の取引の基本ポイント
経済指標で為替は動く トレンドに乗ろう 円安の時の利益の出し方 円高の時の利益の出し方 取引のスタイルによる利益の出し方の違い   ....カテゴリー一覧
FX(外国為替証拠金取引)の注文の種類
成行注文 指値注文 逆指値注文 IFD注文(自動売買) OCO注文(自動売買) IFO注文(自動売買)   ....カテゴリー一覧
FX(外国為替証拠金取引)業者の選び方
デイトレ向きFX業者ランキング FX業者の人気ランキング 100通貨単位から取引できるFX業者 リスクの説明がされている 経営状態を調べる 法律を守っている 手数料は安めのFX業者を選ぶ   ....カテゴリー一覧
FX(外国為替証拠金取引)用語集
ローソク足とは チャートとは トレンドとは ポジションとは 円高、円安とは レートとは スワップポイントとは   ....カテゴリー一覧
くりっく365
くりっく365の特徴 くりっく365の税金の優遇   ....カテゴリー一覧
相互リンクについて
当サイトとの相互リンクについて   ....カテゴリー一覧
サイトご利用上の注意
サイトご利用にあたって   ....カテゴリー一覧
管理人があなたにピッタリのFX業者を紹介
手数料が安いFX業者を比較して選ぶ 初心者におススメなFX業者ランキング   ....カテゴリー一覧
FX業者を個別に徹底解説して紹介
kakaku FX Mk-Uを徹底調査 FX ZEROを徹底解説 セントラル短資FXを徹底解説 楽天証券を徹底解説 外貨ex〜YJFX!を徹底解説 外為どっとコムを徹底解説   ....カテゴリー一覧
成功への近道〜FX情報商材を分析〜
sarahさんの超シンプル♪システムトレード(動画付き) 南緒式〜デイトレード、ワンデイトレード、スワップトレード〜   ....カテゴリー一覧
FX業者訪問記
FX業者さん訪問記 第4弾 〜FXトレーディングシステムズ〜 FX業者さん訪問記 第3弾 〜フォレックス・トレード〜 FX業者さん訪問記 第2弾 〜マネーパートナーズ〜 FX業者さん訪問記 第1弾 〜ひまわり証券〜   ....カテゴリー一覧